27. 10月 2000 · [EPISODE 46]5月8日のライブは、Lpstd’59で、チャップリンの名曲”Smile”をやることにしよう。 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 過去の四方山Episode1〜

今、巷では、月9ドラマの主題歌”Smile”(エルビス・コステロ唄)という名曲が、話題になっています。

何でも、このドラマを担当したプロデューサーが、コステロに主題歌の作曲依頼をしたところ、ドラマの内容を読んだ彼は、「私が新しく作曲するよりも、ぴったりな曲がある。それをカバーしよう」とチャップリンの名曲”Smile”を選び、自らこの番組のために録音したとのこと。実に素晴らしい選曲です。この曲が、世代を超えて受け入れられる事は何とも嬉しい事です。

なぜならば、私は1960年代からこの曲を知っていました。この曲は、もうすでにスタンダード・ナンバーになっていて、有名なヴォーカリスト達がこぞって唄っていたからです。だから、当時でもこの曲がチャーリー・チャップリンの映画主題歌とは知らなくても、音楽に興味を持った人ならメロディーを聴けばわかる人が多ったはずです。私もその中の1人でした。

1974年、エリック・クラプトンの初来日公演で、彼がこの曲をオープニングで唄ったことにより、ロック小僧達の間でもにわかに話題沸騰になりました。ハードロック全盛期に、エリック・クラプトンがこのメローなバラードを唄ったため、バンド仲間が集まると、もっぱらクラプトンが使ったエクスプローラ’58カットボディの話と、”Smile”が話題になっていました。しかし、たまたま私が行った日はこの”Smile”を演奏しなくて、他の日に行った人の話やブートレグで聴いた程度で印象は薄く、この曲をいい曲だなあと思ってもその時もそれ以上の感情を抱くことはありませんでした。

それから、20数年後経過した1998年夏、私はあっちの世界へ行ってもおかしくない交通事故に遭った1ヵ月後、福山市のWさんのところへギターを配達にお邪魔した時の事です。Wさんが、おもむろにマーチンを弾き出し、この”Smile”を唄いだしたのです。一瞬、「この曲、何の曲だったけ?聴いた覚えがあるなあ。」と考えましたが、すぐに思い出しました。まだ、交通事故のショックが癒えてない私は、このもう何十年も忘れていた懐かしい曲を聴いていて、その前向きな歌詞の内容を今更ながらに理解できて、何だか生きる勇気が湧いてきました。同時に、エリッククラプトンが、この曲を1974年に隠遁生活から前向きに立ち直るために自分に対する応援歌として唄った意味も理解できたような気がしました。

ちなみに、聞くところによると、Wさんは”Smile”が大好きでいつも唄っていたそうです。彼の声はとても甘く、クラプトン師匠の如くその甘い武器を使って、優しく多くの女性の心を射止めたんだな~ぁ、と容易に想像がつきました。

ここ最近の話。私が曲を演奏する前に、「この曲はオリジナル、それはカバー曲」と説明してから演奏しているのを見ていた娘から、「知らないカバー曲を演奏するよりも、”レイラ”みたいなコマーシャルなどで使われて誰もが知っている曲を演奏したほうがいいかも・・・」というアドバイスを受けた事がありました。

確かに、一理ある言葉である。今は、”昔の名曲を知っているのが当たり前な時代”から、”時間の経過によって知らないのが普通の時代”になっているから、その事も踏まえて演奏曲構成を考えるべきであると納得しました。しかし、自分はレコードで言うA面の最後の曲や、B面の2曲目みたいなあまりポップ性のない曲が好きだったため、それに影響を受けて作ったオリジナル曲と、マッチするような有名なカバー曲はそんなにないし、無理やりに有名な曲をやってもしょうがないなあと思っていました。

幸い、この春に始まった月9ドラマで、さんまさんとキムタクのドラマの主題歌に”Smile”が起用される事になったことを知って、「これならできる。もともとやりたいと思っていた曲だし・・・・」と納得し、さっそく5月8日の東京のライブでこの”Smile”演奏することにしました。

最近、東京のバンドのドラマーが有名な大学病院に勤めている関係で、看護婦さん、女医さん、そして事務の女性がたくさんが来てくれるようになったので、今度のライブでこの曲を演奏する頃には、皆さんも聴き慣れていてくれると期待したいです。

その結果は又後日報告するとして、まあ、Wさんのようにはうまく行かないでしょうが、せめて副婦長さんには好かれたいですね。  Peace

 

 

”Smile” by Chaplin, Parsons and Phillips

 

Smile, though your heart is aching.

Smile, even though it’s breaking.

When there are clouds in the sky,

You’ll get by…If you smile

through your fears and sorrows.

Smile and maybe tomorrow.

You’ll see the sun come shining through.

If you just

 

light up your face with gladness,

Hide every trace of sadness.

Although a tear may be ever, ever so near.

That’s the time you must keep on trying.

Smile, what’s the use of crying?

You’ll find life is still worthwhile  ←このセンテンスにクラプトンは泣いた?

If you’ll just smile, come on and smile.

 

If you just smile