23. 6月 2024 · [EPISODE2991]SOLO PROJECT再開! はコメントを受け付けていません · Categories: 新着情報

*6月20日


名古屋新栄Otis でSOLO PROJECT.
ソロライブ。。
本当に久しぶり。
まだ、体に先日のオールマン・バンドの空気が残っているため、ソリストのマインドに切り替えるのが大変。
ふう。。。
ピカッ!
そうだ。
照明持って行って気分を変えよう。
どうも!


OTISのマスター:「これまでに照明の持ち込みは初めてですね。」(ニコッ)
ははは。
私:「ピカッ!とさせなくちゃね。」
ケンスケ:「はい。」
今日は、ソロ。
ギターは、チェコ製ドブロとブラックマジック(ギブソンのエレアコ)を使います。
2本ともPAに通して、サウンドつくり。
よし!
6時半。
皆さんが入店される。
最近ライブへ来ていただいているMさんが、素敵な女性2人連れてきてくれました。
私:「Mさん、ありがとう。 皆さん、初めまして。」
ニコニコ・・・。
私の心の声:「可愛いな・・。」
とんとん・・。
????
とんとん・・・。
????
扶桑の美人:「私も、おるでよ。」
私:「知っとる。知っとる。ありがとう。」
ニコニコ・・・。
こんばんは。。
ナ〇コさんだ。
いらっしゃい。
彼女も、最近、よくライブへ来ていただいてます。
私:「嬉しいですね。頑張ろう。」
女性率が高いときは、セットリストもそれなりに・・・。
さて、始めましょう。
私:「いらっしゃい。 今日はソロで演奏します。 “手拍子は禁止”。私がお願いする曲だけにしてくださいね。」

パチパチ・・・。
初めてのお客さんが多いので、1曲ごとに、説明しながら演奏しました。

[1 STAGE]
1 JUST CALL ME
昔、LAからモンタナまで旅をした話。

 

2 ELVIS A GO GO BLUES
ナッシュビルからメンフィスまで旅をした話。
3 CROSSROADS BLUES
トラディショナル・ブルース
4 COME ON IN MY KITCHEN
みんなで大合唱。
女性が多いと、可愛い合唱になる。
これはこれでいいね。。。
5 I’LL CALL OUT YOUR NAME
思わず、名前を呼んでしまう歌。
6 STATESBORO BLUES
トラディショナル・ブギー。

7 IT’S ONLY YOUR SMILE
友人の話。彼を許す彼女の優しい笑顔・・・しぇ~!

6, 8, 2024 / IT’S ONLY YOUR SMILE / IN-STORE CHARITY LIVE at NANCY Nagoya (youtube.com)

映像は6月8日ISCLIVE
8 BELL BOTTOM BLUES
エリック・クラプトンの名曲。
[2 STAGE]

★一人オールマン・コーナー
1 IN MEMORY OF ELIZABETH LEED※やらなかった。
2 ONE WAY OUT 振り回される男の歌。
3 JESSICA ディッキーさんの名曲。
4 MELISSA グレッグさんの名曲。

W/KENSUKE AND PIANICA MAN
5 RAMBLIN MAN ディッキーさんの名曲※やる予定なかった。
大阪から私のライブに合わせて出張してきた“浪速のピアニカ・マン”登場。
この曲でピアニカを吹かれるとランブリン・マンがケルト音楽に聴こえた。
ははは。

6 ALMOST LOSE MY MIND

彼女に振り回される曲。
7 BALLAD OF ROCKEY
10年前に亡くなったロッキーを偲んで作った曲。
8 SENDAI ※やる予定なかった。仙台のロッキーのことを想ったら、この曲を演奏したくなった。
※WHAT WILL BEは、やるのを忘れた。ケンスケががっかりしてた。次回だな。
9 IF YOU LEAVE ME
男女関係を歌った曲。
※ HIGHWAY 75 ※やるのを忘れた。

ENCORE
10 SWEET HOME CHICAGO
トラディショナル・ブギー。
最後だからみんな手拍子をする。
私:「これっ!フーリッシュ。」
フーリッシュ:「はあ?」
私:「君の手拍子は、ミュージシャン殺しだ!」
フーリッシュ:「ええっ?」
私:「ロックじゃなくて、祭りのノリだよ。」
ここから、ノリの違いを解説。
私:「手モミはするなよ。」
わかった!!
そうか!!!
いきなり、黒〇さんが納得。
黒〇さん:「岸田さんは、そのことを言ってたのですね。」
私:「そうなのです。リズムは合っているけど、ノリが違うのです。」
黒〇さん:「なるほど。」


ははは。
お疲れさまでした。
パチパチ・・・。

 

*Kさんのメール。
毎回趣向を凝らしたライブですが、まさか照明機材を持ち込むとは!レンガの壁と相まっていい雰囲気でした。チェコドブロの埃っぽい感じで始まり、ピアニカさんの乱入した終盤まで、ギターのみならず、バンドの時よりブルージーに聴こえるKUNIOさんのボーカルも良かったです!(個人的にはベルボトムブルースとセンダイ、泣けました) ホントに毎回見逃せないですね~
私:いつもありがとうございます。フォーク出身じゃないので、ソロプロジェクトはよりブルース色が強くなりますね。照明は持って行って良かった。受けましたね。(笑)
女性率が高かったので、嬉しい!切ない曲を数曲。ソロならではの対応でした。二人も参加してくれて、最後は宴会かクリスマスパーティーのノリ。(笑)

*謎の美人からのメール
ソロで映画「パリ・テキサス」みたいなイメージで始まり、ピアニカさんの飛び入りやケンスケさんのベースで変化に富み、楽しいライブになりましたね☺️ たしかにベルボトム・ブルース素敵でした❗
お気に入りのオリジナル曲IF YOU LEAVE MEとNA CITY WOMANにも心躍る一夜。
お疲れ様でしたm(_ _)m
私:いつもありがとう。数日前のパワフルな横浜と違い、繊細なアプローチ。気持ちを切り替えるのが大変だった。どっちも好きだな。

次回の名古屋ライブは、8月6日(火)新栄Otisで。
ドラムのアダムが都合悪かったら、またSOLO PROJECTにします。

私には、年齢的に残された時間が限られてるから、どんどんライブしたり、作曲してレコーディングしたいと思ってます。
今は、東京と名古屋でライブしてますが、また仙台、大阪、広島へ行きたい。
まだお邪魔したことない所へも行きたいですね。
その時を楽しみにしてます。

さて、7月は、東京で2回ライブ
*7月5日 GUITAR CANVAS VOL.11へ出演。
今月は参加できなかったから楽しみです。

*7月24日(水) 原宿クロコダイル
KUNIO KISHIDA “サザン・ロック天国!!”
“REAL 1959 BURST LES PAUL SOUND LIVE! & サザン・ロックの名曲並びにアラバマ州マッスル・ショールズ、ジョージア州メイコンでレコーディングした自作曲演奏。”
KUNIO KISHIDA:G&V, 遠藤敬三:B, 宇戸トシヒデ:KEY, 小野秀夫:DR, Adam Demby:DR, 小山知子:V&CO ゲスト:Dicky北農
原宿クロコダイル開場:6時 開演:7時 予約:3,000円 当日:3,500円
ご予約kuniokihshida@kuniokishida.com

つづく。