03. 10月 2019 · [EPISODE2740]9月17日~26日までアメリカへ。ダラス編その4 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 新着情報

その前に、HARD BLUES TOURのお知らせ!!!
パフパフ!!!
どんどん!!
10月と11月にわたり、大阪から仙台までライブします。
今回は、新メンバーを迎えてハード・ブルース!!!
飛び道具も使うつもり。
ぜひ、遊びに来てくださいね。
お待ちしてます。

★2019年秋のライブご案内
今年も、作曲活動に時間を注ぎ、ライブ回数を減らしてきましたが、秋からいよいよ本格的にライブを行います。
11月21日の原宿クロコダイルから、これまで考えてきた独自のライブを行います。
お楽しみに・・・。

■KUNIO KISHIDA LIVE
G.V:KUNIO KISHIDA B:遠藤敬三, Dr:小野秀夫
予約3,000円+1drink当日:3,500円+1drink
*10月19日(土)大阪SORA
開場:18:30、開演:19:30
*10月20日(日)名古屋Cedar’s
開場:18:00、開演:19:00
*11月10日(日)仙台Dimples
開場:17:00、開演:18:00
OA:The Bear’s Soul Station

■KUNIO KISHIDA’S ORIGINAL 1959 BURST LES PAUL SOUND LIVE
*11月21日(木)原宿Crocodile
G.V:KUNIO KISHIDA B:杉征夫Dr:小野秀夫C:小山知子 他
開場:6時、開演:7時30分 予約3,000円+drink&food当日:3,500円+drink&food(
税別)
※これまでと一味違ったライブ。お楽しみに・・・。
※この日は、NANCY(LPstd’59)でがっつり演奏します。

■KUNIO KISHIDA SOLO LIVE           OA:R&B
*10月5日(土)インストアライブ名古屋 [SOLD OUT]
*11月30日(土)名古屋Cedar’s ソロライブ。OA:R&B
開場:18:00、開演:19:00 予約2,500円+1drink ※18歳未満65歳以上2,000円
詳細は後日。
※お問合せ、ご予約は、nancy-g@nancy-g.comまでお願いします。

★さてと、ジェイミーから聞いた裏話。
抱腹絶倒!!!!
パフパフ! どんどん! うぐっ!
腹がよじれ過ぎて、腸ねん転に注意。
では行きますよ!

*9月22日
明日のレコーディングに備え、車でぶっ飛ばして約1時間のところにあるスタジオ近くへ移動します。
ビューン! ビューン!
ものすごい数の車がカッ飛んでます。
我先の運転。
これでよく事故が起きないな・・・と思っていたら、高速が入り組んだところで大事故。
初めて見た。
ジェリーも救急車を呼ぼうとしてます。
やったばかりだから、中々救急車が到着しません。
みんなが車を止めて救助してます。
素晴らしい。
何事もないことを祈るしかありません。
それにしても、ダラスは今もガンガンに発展中。
パワフルです。
高層ビルは増えているし、高速道路がどんどん作られています。
さすがのジェリーも、何度も道を間違えます。
ジェリー:「あれっ?気が付いたらダラスに戻っている。」
それぐらい複雑です。
ロス、ニューヨーク、メイコンは、一見そんなに変わって見えませんが、このダラスだけは、10年前とはかなり違って見えます。
経済力はあるし、フラットな街なので、開発が容易なんでしょう。
ジェイミー達と待ち合わせて、朝食兼昼食。


ジェイミーさん:「クニオさん。」
私:「ジェイミーさん!」
ジェイミーさん:「ハロー!」
私:「昨日、一昨日お疲れさまでした。」
ジェイミーさん:「久しぶりにエリックさんと演奏できて楽しかった。」

■ジェイミーさんの裏話その1)レイ・ダウン・サリー
ジェイミーさん:「リハーサルで、ツイン・ドラムで一緒に叩くスティーブに、レイ・ダウン・サリーの叩き方を伝授した。」
私:「へえ~。」
ジェイミーさん:「この曲は、こういうノリで叩いたほうがいいってね。」
そう言って、ちょっと後ろ気味なノリで、テーブルを叩いて見せてくれます。
格好いい!


私:「へえ~。」
ジェイミーさん:「奴は、中々頑固なんだよ。」
私の心の声:「ジェイミーさんも。」(笑)
私:「ほう?」
ジェイミーさん:「中々譲らない。」
私:「それで?それで?」(わくわく)
ジェイミーさん:「二人のノリが合わない。」
私:「どうやって納得させたの?」(面白そう)
ジェイミーさん:「最後は、レコードで叩いたのは俺なんだから、俺の言うこと聞け!」
私:「はははは。」
きっぱり言うねえ。
怒りん坊。


まあ、仲良い二人だからできる会話ですね。
平和が一番。 電話は二番。
私:「ところで、二日目のアンコールで、ジェイミーさんが出てきてくれて、とても嬉しかったよ。」
ジェイミーさん:「あれからが大変だったのよ。」
????

■ジェイミーさんの裏話その2)えっ!あっ?ギクッ!ガクッ!
□パート1
ジェイミーさん:「出演者全員に、“2019クロスロード・コンサート”と名前が入ったバックがプレゼントされたんだよ。」
私:「凄い!それは貴重だね。各自の名前入り?」
ジェイミーさん:「いや、名前が書いてあったテープが巻いてあった。」
私:「ほう?」
ジェイミーさん:「それが、クニオさん・・・。」
私:「はい。」
ジェイミーさん:「コンサート終了後、楽屋へ行ったら、自分の分が無くなってたんだよ。」
私:「えっ?そりゃ酷い。」
ジェイミーさん:「全く・・・。」
私:「盗られたわけじゃないよね。」
ジェイミーさん:「わからんけど、誰かが間違えて持ち帰ったかも? あったところにないのよ。クニオさん。」
私:「そりゃあ、大変だ!」
ジェイミーさん:「スタッフに話したら、人数分しか用意してないって。」
私:「へえ。」
ジェイミーさん:「スタッフが一緒に探してくれたけど、見つからない。」
私:「困ったね。」
ジェイミーさん:「頭来て、目の前を通る人(ミュージシャン達)に、次々“これ俺んだ!”と指さしてた。」
ははは。
ジェイミーさんの言い方が面白すぎて、みんなも笑ってしまう。
私:「で、どうなったの?」
ジェイミーさん:「スタッフから、出演者全員のサイン入りポスターで勘弁してほしいというので、それで納得したんだ。悔しい。」
私:「それは残念だた。もしも、ネットオークションに出てたら連絡するよ。」
ははは。
ジェイミーさん:「それで、遅くなったけど、帰ることにした。」
それからどうした?

・パート2
ジェイミーさん:「地下へ行って待機しているシャトルバスで帰ることにしたんだ。けど・・・。」
私:「ほう?」(何かありそう)
ジェイミーさん:「降りて行ったら、真っ暗。」
私:「????」
ジェイミーさん:「バスは全部出て行ってしまった。」
ははは。
私:「どうしたの?」
ジェイミーさん:「戻ろうにも、ドアに鍵がかかって戻れない。」
ははは。
私:「午前2時、スタジアムの広い真っ暗な地下。それで?それで?」
ジェイミーさん:「しかたがなく、真っ暗な中、トボトボ歩いて外に出た。」
私:「スターが可哀そう。 ひょっとして、タクシー待ちの写真はそれ?」
ジェイミーさん:「そう。 まだあるんだよ。」
私:「ははは。」
笑って申し訳ない。。。

・パート3完結編
ジェイミーさん:「何とか、ホテルに戻って、もらった出演者全員サイン入りのポスターを広げたらさ・・・。」
私:「そいで?」
ジェイミーさん:「誰のサインも書かれてないんだよ。」
私:「それって、ただのポスター?」
ジェイミーさん:「そう。」
さすがに、この落ちは想像できなかった。
聞いていた全員大笑い。
はははは。。。。。。
ジェイミーさん:「ありえん!ありえん!」
ははは。


私の文章表現力がなく申し訳ないけど、本当に爆笑しました。
ジェイミーさんの話し方が本当に面白かった。。
※ジェイミーさんには、私のブログで紹介すると話してありますが、仮に本人と会ってもこの話題には触れないでください。爆発します。

つづく。