12. 6月 2020 · [EPISODE2774]6月8日~21日まで東京。 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 新着情報

6月初旬。
名古屋店は、一応店を開けていましたが、ご予約いただいたお客様のみ対応してました。
だから、ドアをノックされても開けません。
日曜日は、予約がずれて5人が重なってしまい、3密。
やば!
用事が終わり次第、帰っていただき、何とかおしまい。

*6月8日
ギターを積んで、新東名を走って東京へ。
今日は、晴れなので快調。
新東名では、3レーンのところは100km以上出せるレーンがあるので楽チン。
快適! 快適!
でも、レーンが修理でなくなる知らせが短すぎる。
うっかりしてると突っ込む。
それから、快調に走っていると、そういう時に限ってトラックが90kmで出てくる。
急いでるわけじゃないけど、ペースを乱されるのは困る。
あっという間に、蛯名サービスエリア。


もうちょい。
渋谷店に着いて、ギターを降ろす。


渋谷は、随分人が増えて活気が戻っています。
まだまだコロナに気をつけなくては。
渋谷店も、お客様が重ならないように注意してます。

*6月9日
今日は、超久しぶりに私が営業。
偶然、45年ぐらい付き合いのあるお客さんがやってきた。
ワイワイ。
やっぱり楽しいな。
昔話に華が咲く。
その後、Sさんが来店。
今度は、オールマンやクラプトン談義で盛り上がる。
これだよね。。。
毎度!

*6月10日
途中になったままの10作目アルバムの打ち合わせ。
私:「どうするかね?全く気が離れてしまった。」
アレン:「大丈夫。録音もマスタリングも終わったよ。」
私:「一か月半、色々気持ちが変わって、去年のベクトルと変わってしまってる。」
アレン:「仕方がないね。」
私:「だから、今は、違ったコンセプトのアルバムを作りたいな。」
アレン:「どんな?」
私:「これこれしかじか・・・。」
アレン:「素晴らしいね。11作目で。」
私:「はあ・・・あと、2年しかない。」
アレン:「そのまえに、あと1曲。」
私:「もういいんじゃない?」
アレン:「この間、弾いてくれた曲。すごくよかった。」
私:「どれだっけ?」
ギターを持って弾いてみる。
私:「あれっ?」
完璧に忘れている。
イントロさえ思い出せない。
アレン:「携帯で録音はしてない?」
私:「してあるけど・・・。」
何とか、イントロは思い出したけど、な~んか違うな・・・。
アレン:「その曲完成させて、来週、レコーディングしようよ。」
私:「ええ。今、アメリカの女性から子守歌を作ってくれとリクエストされてるんだ。」
アレン:「子守歌?」
私:「そう。子供を寝かせる歌。 ほら。」
彼女のメールを見せる。
彼女は、FACEBOOKで私の声が優しく癒されると気に入ってくれて、子守歌を歌うことを勧めてくれたのです。
アレン:「そうだよ。クニオの声は独特。私も大好きって言ったでしょ。」
私:「自分ではさっぱりわからない。」
ははは。
アレン:「そうそう。 全く手を付けてないマイナーのハードブルースも完成させたい。」
私:「キリないから。もういいんじゃない?」
アレン:「やろうよ。」
わいわい。
アレンは、雨が降る前に帰って行った。
午後5時半、ファイヤーバードー1でクリームを即興で弾いてFACEBOOKにアップして帰りました。


6月13日(土)、14日(日)は、ギターを配達に行ってきます。
渋谷店にはいません。
正雄が対応させていただきます。
ギターは一杯、渋谷店に入荷してます。
よかったら遊びに来てください。
つづく。