27. 10月 2000 · [EPISODE 50] アメリカ行きの準備。田中先生の生徒さんからのメール。 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 過去の四方山Episode1〜

 先週の水曜日に社員研修旅行から帰ってきてから、アメリカ行きの準備に毎日夜遅くまでかかってしまい、四方山話を書く時間がなく申し訳ありません。皆さんから、旅行中の仲や岩永はどうでしたか?というメールをいただいていましたが、今回彼らは四方山話を意識してか?B型の特性を抑えていたようです。ただ、特別参加の○ール○ックスの○木が、バーベキューのときにお酒を飲みすぎて壊れてしまい、公園へ来た人に大声で話しかけたり、ハンモッグで気持ちよく昼寝していた大ちゃんをメチャメチャに揺さぶって、ハンモッグを破いて彼の怒りをかっていました。次の日、素面になった○木は、自分のやったことをまったく覚えてなく、仲の何気なく言った「バーベキュー禁止令!」に過剰な反応をしていました。
昨日も、彼から電話がかかって来た時、彼の修理の出来を褒めたら、「でも・・・、バーベキューは禁止ですよね?」と愁傷に言っていました。  愉快、愉快。これで当分遊べる!

さて、今回のアメリカ出張は、いつもと違って色々と準備をしなければならず、四方山話を書きたくても時間がとれずどうにもなりませんでした。でも、なぜ準備が必要だったかは、機中で書きたいと思いますので、楽しみにしていてください。
先週、アメリカでも四方山話を書けるようにと、ソーテックのA4サイズのラップトップから東芝のLibrettoというB-5サイズに買い替えました。ところが、使ってみると今までより画面と字が小さいため、すぐに目が疲れてしまいます。しかたがなく、昨日、エマニエル君が遊びに来て暇そうにしていたので、退屈しのぎに彼を連れて老眼鏡を買いに行きました。ついでに検眼をしていただいた所、ショックなことに視力も落ちていて、老眼鏡だけでなく、めがねも買わなければならなくなってしまいました。コンピュータといい、2本のめがねといい、アメリカへ行く前にどえりゃ~出費になってしまいました!

最後に、今回ホームページの表紙で、岐阜のある中学校の田中先生とこの春に卒業された生徒さんから送られた寄せ書きギターを掲載させていただいたのをご覧いただいた事と思います。田中先生から目に涙を浮かべながらこのギターのことをご説明いただき感激しました。本当は先生になりたかった私としては羨ましい限りで、皆さんにも是非見ていただきたかったのです。もっとも、私は学生時代にバンドばかりやっていて、教職課程をとり忘れてしまいましたのでなれるはずもなかったのですが・・・。レオスキ兄い、確かにO型はすぐに忘れてしまいますね。

*大阪のYさんからのメール
田中先生のギターはホロリとさせますね。凄く暖かな気持ちになりました。

田中先生の元生徒さんも、このホームページを見てくれていたんですね。

*沙恵です!!ホームページ見ました!!!!なつかしいもの見せてもらいました!!!先生、そのうち町で会うと思うんで、そのときは声かけてください!!!

*田中先生の元生徒です。懐かしいものを拝見させていただきました。元3-Cの水野というものです。とてもよい先生ですからよろしくお願いします。

では、次回はアメリカからです。こうご期待のほどを・・・。

 

 

■ [番 外]ブルース・カーニバル・レポート

    Date : 2002/05/26 (Sun)

[番 外]ブルース・カーニバル・レポート

社長その後、体調如何ですか? 口の悪い渡辺兄です。
アメリカ出張だそうですね。気をつけて。

STONESは、かなり追加公演が決まり盛り上がっているようです。
基本的には、一都市で三公演でスタジアム、アリーナ、クラブと回るようです。日本でもドーム以外で見たいな。
※この人は、ストーンズの1972年初来日が中止になった時、頭に来て外務省へ嫌がらせの無言電話したそうです。でも、5回かけてから、もったいないと止めたそうです。こういう所が意外に可愛いですね。

昨日、「ジャパン・ブルース・カーニバル」に友達と行って来ました。
天気も良く(野音です)最高の雰囲気の中、ビールを飲みながらブルースを聴けるなんて幸せです。もう10年位通っている。
今年から出演者が一組減り、三組となった。最初は日本のバンド。俺の好みじゃねえのでノーコメント。
次は「ジミー・ボーン」BASSレスでいつもの1956年のストラトではなかったが、指弾き特有の柔らかなトーンを紡ぎ出していた。それにライブ慣れしているので、全体の構成がうまい。
トリは「ミスター・バディ・ガイ」もう何回みても凄い。コアなブルースファンは、文句があるようだけど、自分のような中年ロックファンにいわせればめちゃ楽しいステージだ。ボーカルはともかく、ギターは冴えまくっている。ストラトの特性を生かし、VOLを限界まで絞ったり、ジミヘン、クラプトンのフレーズをちりばめたり、完全にノックアウトされた。

長くなりました。渡辺兄レポートでした。


 ■ [号 外]

    Date : 2002/05/26 (Sun)

5月25日、ジミー・ペイジさんが、新宿をうろうろしていたそうです。
レポート By ロン・タニグチ君


[お知らせ]

 

愛読者の皆さんへ

 

お元気ですか?私は、過激な社員研修旅行も終わりのんびりとしたいところですが、この度、5月31日~6月17日までアメリカへ出張することになりました。

今回の目的は、ギターの買い付けではなく、コレクター達の家を訪れて親交を暖めることです。今は譲ってくれませんが、いずれ譲っていただけるギター達を確認に行ってきます。どんなギターが見れるのか楽しみです。皆さんの中で、もし、こんなギターがあったら見てきて欲しいというものがありましたら、遠慮なくご連絡ください。

それから、アラバマに住んでいるパートナーのジェリーに誘われているので、彼の町まで行ってきます。

 

この旅の様子は、四方山話でできるだけオンタイムにお知らせするつもりですので、お楽しみに・・・。