20. 2月 2017 · [EPISODE2570]週末のインストア・ライブ。近年のベスト・スリー? はコメントを受け付けていません。 · Categories: 新着情報

★名古屋でチャリティー・インストア・ライブ開催。
今週は、名古屋店を営業しました。
2月4日東海テレビ“ぐっさん家”へ出演したことや、2月6日Tさんの名古屋ライブへ客演したこともあり、新しく若いお客さんが訪れてくれます。
ありがたいことです。さっき、たまたま店の前を通りかかった女性から「テレビに出ていた人だ~。」と握手を求められたりしてびっくり。
名古屋での東海テレビ“ぐっさん家”は、凄い視聴率だったんですね。
大好きなぐっさん、人気があって嬉しいです。
12月後半、出張を遅らせても、取材に協力して良かった。
また、Tさんのご招待いただいて、一緒に演奏して良かったです。
2月18日。
チャリティー・インストア・ライブ。
今回から、PAをジェリーからもらった日本では販売していないBOSEに変えました。
なかなかいい。
いい音だ~。
ちょっと、あからさま過ぎる音だな。
私:「佐々木君、ディレイかリバーブ持ってない?」
佐々木君:「そういやあ、車にあったな。」
私:「お誂え向きだ! 持ってきて。」
佐々木君:「ハイよ。」
ファンファン・・・。
よし!
いいね。
これなら、どこでもライブができる。
PAがないお店など、とこでもアコースティック・ライブできます。
リクエストしてください!!
私:「佐々木君、このディレイご奉納しなさい。」
佐々木君:「そうは、お客さんは卸さない。」
私:「頼むて。」
ははは。
今日は、ルー君がお休みなので、ソロで演奏します。
午後6時。
皆さんが集まってくる。
私:「皆さん、ハウス!」
全員:「ハイ!」
お馴染みさん用にアンプの後ろに小部屋を用意しました。
私:「ステイ!」
来る人来る人を押し込める。
N夫さん:「狭いやんけ。」
私:「出たい?」
N夫さん:「そっちがええねん。」
私:「商談になった時は、いいよ。」
ははは。
ギャハハハ。。。
友達のいない牧口は楽しそう。
牧口がギター弾く。
ハウスから見ているみんながおもろい。
ははは。
牧口:「帰ってこ。」
私:「ライブ見に来たんじゃないのか?」
牧口:「6時半までに家族に夕飯を買ってかなかんだわ。」
私:「ほんなら、早よ帰えりゃあ。」
牧口:「ああ。。」
さて、みんなに手伝ってもらい、ライブの準備。
今日も、予定席はソールド・アウト。
午後6時半。
前説にベースのシャープ&フラッツ(以下#&♭)さん。
オブザーバーにN夫さんと長久手のサンタナさんがギターを弾く。
私はリズムギターを担当。
私:「じゃあ、やるよ。#&♭さん、行ってみよう。」
Gのスリーコード・ブギー。
ドンドンドンドンドン・・・。
トントントントン・・・。
スットコ、ドンドン!
お~い!!!!
どっか行っちゃうぞ!!!!
#&♭さん:「困りましたね。。。」
私:「困っているのは、みんなだよ。」
#&b:「あ、ハイ。」
ドンドンドンドンドン・・・。
私:「頑張って。私のリズムギターに合わせて。」
#&b:「は、ハイ。」
ドンドンドンドンドン・・・。
ちょっと調子が出て来たかな・・。
N夫さんと長久手のサンタナさんは、お構いなしに弾きたいだけギターを弾いてます。
ははは。
ジャン!
おしまい。
パチパチ・・・。
私:「皆さん、#&bさんのベースはどう?合格? そう思う人は手を上げて。」
ハイ!
2人だけ。。
私:「厳しい!!!」
#&b:「あ、ハイ。。。」
私:「皆さん、素晴らしい。“おべんちゃら”を言わない皆さん、最高~!」
このライブへお越しいただいている皆さんは、本当に耳が豊かだ。
#&b:「あ、ハイ。。。練習します。」
私:「そうだよ。 #&bさん、追試だ。」
#&b:「あ、ハイ。。。承知しました。」
温かくも、音楽に厳しい皆さん、素晴らし過ぎる。
芸に厳しい名古屋ならではです。
拍手!!!
パチパチ!!!
続いて、タカリカの登場。
ピカッ!
そうだ、マーカナさんから譲り受けた蝋燭を使おう。
蝋燭に火を灯す。
ゆらゆら~。
山小屋のような雰囲気になった。
皆さん:「格好いい!!」
高ちゃん:「あかん。」
私:「どうした?」
高ちゃん:「暗くて譜面が見えん!」
ははは。
ということで、タカミカのコーナーいつもの照明でします。
のんびり・・・。
床に牛が寝そべっているような感じ。 ←日暮君曰く。
ジャン。
ほっこりした二人のコーナーは終了。
さて、私の番。
今日、ルー君は欠席。
久しぶりにソロで演奏します。
ギターは、いつものマーチンOM28に加えてギブソンJ-200の2本。
蝋燭4本に火を灯し、始めます。
ゆらゆら~。 エコエコアザラク・・・。
うっふ・・・。
蝋燭好きなレイジャケ姉さんやミツヤサイダーさんは、恍惚な顔に・・・。
あっというまに、幻想の世界へ・・・。
マーカナさん、大成功!!
ありがとう。
最初は、マーチンOM-28から。
“Slideaway”アルバムから”Very Southern”、
“Still in Time”アルバムから “Ohayo”、
“Northern Song”から “I’ll call out your name”の3曲を演奏。
いい音~!!
今日は、最初からノッタ!
お客さんもとてもノッテいる。
蝋燭のお蔭です。
めちゃ集中できてます。
ジョークは無し!というか、出ない。
今年のテーマ、“ソングライターの表出”
これから、2枚目のアルバム“Alabama Boy”の曲を歌います。
2枚目のAlabama Boyアルバムは、自分としては作曲者としての可能性を試したアルバム。
だから、1作目”Swamp Waters”のギターアルバムとは違い、楽曲を楽しんでいただきたかったのです。
今年の自分のテーマにぴったりなアルバムです。
J-200に持ち替えて演奏。
これまたJ-200のサウンドも、キラー!!!!!
4 MISS YOUR DIMPLES
5 I’LL LEAVE MY HOME
6 RIGHT PLACE
7 SENDAI
8 N.A. CITY WOMAN
9 DON’T LEAVE ME PLEASE
おまけもあって、あっという間に終了。
大満足。
今日の出来は、最近のソロライブのベスト3に入るな。
☆艶っぽいお姉さまからのメール
昨夜は、笑いのひとときをありがとうございました。
蝋燭の灯の中での妖しさ満点ライブは、ゴチャゴチャしたものは視界に入らず、邪念も消えてアコースティックの音だけが聴こえました。
いい…。
もっとやって〜💕
Sendai ずっと歌い継がれていってほしいな(*^o^*
今日のライブ、仙台に想いが届いたと…思います💕、
※今回も来てくれてありがとう。 本当にいいライブでした。 またやるよ。来てね。

★ヴィンテージ・ギター・サウンド・クリップの撮影
2月19日。
Nご夫妻と盛り上がる。
ギター教室にやってきた#&♭さんが加わる。
ちなみにヨリノッチは逃亡。
そうだ!
今日、東京へ持って帰る1958年製レスポールと1962年製ストラトのヴィンテージサウンド映像を撮ろう。
最近、若いお客さんから「ヴィンテージギターの音を知らない。」と聞く機会が多くなったため、オフィシャル・ページで公開することにしたのです。
アンプは、1973年製マーシャル1959ヘッド+1960Aスピーカー。
ジャン。
いいね。。。。
あっ!
N夫さん:「どうしました?」
私:「メガネを外すのを忘れた。」
ガクッ。
私は、ミュージシャンの時はメガネを外すのです。
クラークケントがスーパーマンに変身するみたいなもの。
最近、キクチ・メガネでクラークケントみたいなメガネを買いました。
それを外すのを忘れました。
まあ、いいか。
今回はいいことにしよう。
このシリーズは、ナンシーのFacebookオフィシャル・ページでアップする予定です。
近いうちにアップします。
お楽しみに・・・・。
夜、レスポール2本とストラトを持って東京へ。
月曜日から、渋谷店にいます。
たぶん。。。
ほいでは。
つづく。