05. 3月 2017 · [EPISODE2575]インストアライブ。やはり、奴は来た。。。 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 新着情報

3月3日。
夜、明日のライブの準備をしながら、Facebookを観る。
おっ、出張で奴は名古屋にいる・・・。
ふ~む・・・。
3月4日。
福山市からK君がやってきた。
私:「元気だった?」
K君:「ハイ、お久しぶりです。」
私:「この前は、2011年3月11日東日本大震災の日だったね。」
K君:「あの時は、本当にびっくりしました。」
そうなんです。
ちょうど広島県福山市から東京へ遊びに来た時でした。
私:「今日は、インストア・ライブ。見ていきなよ。」
K君:「いいんですか?」
私:「今日も満席だけど何とかなる。」
K君:「最終の新幹線は、9時半ぐらいです。」
私:「大丈夫。9時前に終わるから。」
夕方、皆さんが集まってくる。
今日の前節も、2ギター大阪Nご夫妻+ベースHさん+ボーカルいかんだろ先生。
いかんだろ先生は、ギリギリに浜松から来るので、ボーカル無しでリハーサル。
益々いい感じ。
Hさんのベース、まだだな・・・。
チリリーン!
私:「ハイ、ナンシーです。」
謎の男:「岸田さん、俺。」
私:「誰?」
謎の男:「“俺は直角”だよ。栄にいる。」
私:「ははは。おいでよ。」
俺は直角:「ハイ。」
予想通り、奴は来た。。。。
昨日のfacebookの掲載。
やはり、「僕もいるよ~!」アピールだった。
俺は直角:「バレタ?」
私:「バレとる。バレとる。」
ははは。
午後6時。
私:「いかんだろ先生が来ないから、“俺は直角”、天国への階段歌って。」
俺は直角:「私が?」
私:「参加したいんだろ。」
俺は直角:「うん。でも、ギター弾きたい。」
私:「ダメ!」
俺は直角:「せめて、ギターだけでも持たせてよ。」
私:「何を甘えとる。」
ははは。
リハーサル終了。
俺は直角:「N母ちゃん、凄いね。この曲弾けるんだったら、どの曲も弾けるようになるよ。」
N母ちゃん:「ほんま~?嬉しいやん。」
俺は直角:「でも、Amの押さえ方直したほうがいいな。」
N父ちゃん:「鋭い指摘!」
N母ちゃん:「あ~れ~! 知らんもん!」
ははは。
ナンシーを閉店。
レイジャケ姉さん、ミツヤサイダーさん、みんなやってきて、店内一杯。
私:「みんな、準備に邪魔だから、15分外で待ってて。」
佐々木:「これだ!」
ゾロゾロと出ていく。
PAをセット、椅子を準備。
私:「今日は椅子が足りんな。」
ルー君:「むふふふ・・・。」
のんびり~と準備。。
まだ~?
私:「なんで?」
さぶ~!
ははは。
OK。準備終了。
お待ちどう様!
ドアを開けると、みんな並んでいる。
私:「おっ、今日は整理券が出るな。」
N父ちゃん:「ホンマや!」
場所が場所なら、場外馬券場みたい。
ははは。
高ちゃん:「早く、入れてくれ!寒い。」
私:「このままにしたろ。」
佐々木:「これだ!」
福山から来たK青年、何が何だか?びっくりしてる。
私:「このライブ、笑いと真剣演奏するんだよ。」
K君:「そうなんですか?」
私:「みんな耳が肥えているから、仲が良いと言っても、演奏の出来に対しては、容赦ない。」
N父ちゃん:「そうでんねん。ごっつー、きつーいでんねん。」
N母ちゃん:「ホンマなんよ。」
私:「じゃあ、やるよ。今日も前節はNご夫妻+H+俺は直角」
パチパチ・・・・。
いいね。
前回よりもレベルアップ3!
ジャン!
私:「さて、今日のHさんのベースは????」
パラパラ・・・・。
私:「厳しい! 追試だな。」
Hさん:「ハイ。」
次は、高ちゃん。
今日は、リカちゃん、急用でお休み。
ここで、“俺は直角”はチャンスと見た。
ギターを渡したら、みんなの期待以上に弾ききる。
高ちゃんと”俺は直角”とのいきなりのコラボ、うまく行った。
よしよし。。
パチパチ・・・。。
さて、私達ソバサバの番。
3月11日東日本大震災でお亡くなりになった方の鎮魂歌“Northern Song”からスタート。
東北の皆さん、元気出してください。
応援してます。
皆さん、鎮魂歌を静かに聴いていただいています。
ありがとう。
今日も、シンガーソングライターを意識したセットリスト。
☆セットリスト
1 NORTHERN SONG ※鎮魂歌
2 YOU ARE FREE ※生まれた赤ちゃんへの応援歌
3 I’M FOLLOWING THE TRAIN ※恋歌
4 RIGHT PLACE ※グレッグオールマンがナンシーをこう言ってくれた
5 WITCH FACE ※魔女顔大好き!
6 SWEET ANN ※アン・サンドリンの歌。
7 SENDAI     ※仙台を歌った曲
途中で、俺は直角を入れて3人で演奏。 奴は、リズムギターを止めても、弾き続ける。
朝まで弾いてろ~!
SENDAIは、あらかじめ佐々木君に課題曲として伝えてあったので、楽しみ。
おっ、いいね。。。。
嬉しいな。
途中、外でいかんだろ先生が窓越しで覗いていた。
気づいて、中へ入れてしまった私は、まだまだ修行が足りん。
こうして、名古屋の夜は更けていきました。
日曜日、名古屋店を営業して、東京へ行きます。
ほいでは。
つづく。