22. 4月 2017 · [EPISODE2586]明日のためのその1)ギター選び。 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 新着情報

    [EPISODE2586]明日のためのその1)ギター選び。
4月21日
ジョー高橋君がやってきた。
一緒に夕飯。
今夜は道玄坂にある古くからある蕎麦屋さん。
写真を撮ってフェイスブックへアップ。
私:「誰か反応するかな?」
ジョー:「チュー。」
さっそく、賢者Mさんが書きこんでくる。
私:「来ます?」
賢者Mさん:「もう食べました。コーヒーなら、すぐに行けますよ。」
私:「待ってます。」
ははは。
しばらくすると、賢者Mさんがやってきた。
私:「何してたの?」
賢者Mさん:「夕飯食べて、お風呂に入ってまったりしてました。」
ははは。
私:「外にいたんじゃないですね。」
賢者Mさん:「家にいたんです。」
私:「何もそこまでしてまでお付き合いいただかなくても・・・。」
ジョー:「チュー。」
フルーツパーラーで待ち合わせしたので、男3人でフルーツあんみつを食べる。
ちょっと恥ずかしい、
★明日のためのその一)ギター選び。
家に帰って、5月6日南青山Z・IMAGINE(ジ・イマジン)でやる“Laid Backな夜”ライブの準備。
今回は、ドラムレス。
いつもとは違った雰囲気を演出したい。
ギターを何本か引っ張り出してギター選び。
セットリストにもよるのだが、今の自分のイメージに合ったギターを3本選びます。
まず、バードランド。
あれっ?
いかん!おかん!
ネックの幅が狭いためか?指弾きすると私の太い指がひっかかる。
次行こう。
エスクワイヤー、いいね。。
レスポール、これもいい。
ストラト、さらにいい。
マーチンもいいな。
ふ~む。
でも、何かが足りない。。。
ピカッ!
そうだ、座って弾いていたから、今度は立ってバードランドを弾いてみよう。
やった~!
弾きやすい。
自分には、弦の間隔が狭いバードランドは立って弾いたほうがフィットした。
結局バードランドをメインに弾くことにしました。
実にしばらくぶりなバードランド。
ゴールデンウィークの後半、5月6日は南青山Z・IMAGINEでレイづバックしましょう。
4月22日
今夜は、秋山君とうどん。
これから、バードランドを弾きます。
つづく。

■5月6日(土)青山Z・IMAGINE “LAID BACKな夜”。
KUNIO KISHIDA(V,G)  with B:杉征夫、CHO:小山知子
※アメリカ南部で芽生えた“スワンプ&サザン・ロック”に多大な影響を受け作曲した中で、ゆったりしたオリジナル曲を中心に演奏します。
開場:7時 開演:7時半 予約2,700円(当日3,000円)要1drink
東京都港区南青山6-2-13ファイン青山B1F 03-3796-6757