07. 5月 2017 · [EPISODE2592]“レイドバックな夜” はコメントを受け付けていません。 · Categories: 新着情報

5月6日(土)
今日は、南青山へ移転したZIMAGINE(ジマジン)でライブ。
“レイドバックな夜”。
最近、レスポールなどを使ってブルース・ロック・アルバム“Slide Angel”の曲を中心に演奏してきましたが、今日は、パワーで押さない間を楽しんでもらうライブです。
ギタリストよりもソングライター色が強いセットリスト。
自分も楽しみです。
ギブソンのバードランド&ES350T、エピフォン・カジノ&マーチンOM-28の4本を持ってゴー!
南青山、骨董通り。
大好きな場所です。
早速リハーサル。
ギターを3本並べる。
昔みたい。
マーチンは2ステージ目なので、控室へ。
いいね。
ドラムレスのライブ。
音程が取りやすい。
よし!
午後7時半。
ライブをスタート。
アンプはフェンダー・ツインリバーブ。
まず、ES350T.
メイプルトップ+P-90のボコン!ボコン!した音。
これを味方に演奏します。
まるで1950年代のビルヘイリー&コメッツを連想できます。
いいね。
4曲目からバードランド。
この街にふさわしい品のある音。
荒々しいES350Tサウンドとは、対照的です。
この2本で十分に幸せになれる。
7曲目からエピフォンカジノ。
このギターもボッコンボッコン。
ジョンレノンの気分
杉君はヘフナー。
こうなれば、ビートルズ。
Don’t let me down!
ちょっとだけ。
パチパチ!
受けた!
こうして1ステージは無事に終了。
しばし休憩。
そして、2ステージ。
一人、マーチンOM-28でスタート。
スライドインストを2曲。
勿論、東日本大震災でお亡くなりになった方への鎮魂歌“Northern songを演奏しました。
身が引き締まる。
このマーチンを使ってレコーディングしたI call out your name。
心に沁みるな。。。。
グレッグ・ウーマン(小山知子)が”Statesboro Blues”.
いいね。
再びバードランドで、“Miss your dimples”
遠く離れた娘を想うお父さんの気持ちを唄った曲です。
ヴォーカルは勿論、小山知子。
いい感じです。
最後は、”At Midnight”
この曲をバードランドでソロを弾くとレスポールとは一味違った感じです。
アンコールも無事に終え。
終了!
“レイドバックな夜”、とても楽しかった。
次回は、6月4日ここ南青山ZIMAGINEで開催します。
来ていただいた皆さん、見逃した皆さん、ぜひ遊びに来てください。
次回はどのギターを弾くかな?
お楽しみに・・・。
お待ちしてます。
つづく。
■6月4日(日)青山Z・IMAGINE “LAID BACKな夜”。
KUNIO KISHIDA(V,G)  with CH&V:小山知子 他は未定
※アメリカ南部で芽生えた“スワンプ&サザン・ロック”に多大な影響を受け作曲した中で、ゆったりしたオリジナル曲を中心に演奏します。
開場:7時 開演:7時半 予約2,700円(当日3,000円)要1drink
東京都港区南青山6-2-13ファイン青山B1F 03-3796-6757

★5月6日セットリスト
1 stage
[ES350TN]
1 I’M FOLLOWING THE TRAIN
2 RIGHT PLACE
3 SENDAI
[BYRDLAND]
4 IT’S ONLY YOUR SMILE
5 BALLAD OF ROCKEY
6 YOU WAVE YOUR HANDS
[CASINO]
7 DON’T LEAVE ME PLEASE→THANKS ANYWAY
8 DON’T CLOSE YOUR EYES

2 stage
[OM-28]
9 VERY SOUTHERN             solo
10NORTHERN SONG             solo
11 OHAYO          solo
12 ELVIS A GO GO BLUES   solo
13 I’LL CALL OUT YOUR NAME
14 JOTO
15 STATESBORO BLUES        V:小山知子
[BYRDLAND]
16 MISS YOUR DIMPLES    V:小山知子
17 AT MIDNIGHT
encore
18 ELVIS A GOGO