03. 6月 2019 · [EPISODE2722]イギリスへ。その5:ちょっと休憩・・・。 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 新着情報

イギリス渡航記は、ちょっと小休止。
*6月1日、ISCL(インストア・チャリティー・ライブ)。
名古屋でISCL開催。
前節で大阪から参加した“センター・ライス・フィールド”の演奏、中々説得力があってよろしい。
何度も、アンコールをもらってました。
いいね。
次のR&B(老人と病人)も、着々と実力をつけています。
マーチンとギブソン・アコースティックのコンビネーションはかなり上質。
ニール・ヤングからビートルズまで、カバーとはいえ、オリジナリティーが出てきました。
7月21日のシーダーズでのライブが楽しみです。
さて、私は・・・。
いきなり、一昨日作曲した新曲を2曲演奏することにしました。
今日は、古いギブソン黄金虫を弾きます。
私:「あれっ?」
皆さん:「????」
私:「新曲をやろうと思ったけど、どんな曲か?忘れた。」
がくっ!
ササリカ:「何だ、それ?」
フーリッシュ:「ありえんでしょ。」
携帯を持ってきて、録音してあったデモを聴きました。
私:「ふむふむ・・・そうそう思い出した。」
ササリカ:「これだ!」
レイワ嬢:「あ~れ~!」
タマタマちゃん:「たまたま・・・。」
エロいお姉さま:「うふ・・、早く・・・。」
ははは。
私:「では、パンチの効いた新曲をやるよ。今日が初披露!!!」
皆さん:「わくわく・・・。」
パチパチ・・・。
おもむろにスライドでリフを弾きだします。
皆さん:「おっ!」
そして、パワフル・ボイス!!!
どっしぇ―!!!!
ドスドスドス!!!!
どっかーん!!!
前戯なしで、一気に昇りつめます。
ひぇ~!!!
ドスドス!!!
皆さん、あまりにも激しい新曲に戸惑う。
そうです。
10作目のために作った曲。
アメリカのブルース番組でかかるよう、めちゃパワフルな曲にしました。
ガオーッ!!!!!!
大爆音というか、大爆発!!!
ひえ~!!!
まだ、1コーラスも歌っていない。
ササリカ:「なんだこりゃあ! 誰か止めてくれ!」
私:「聴け!」
はははは。
いきなりの大爆発。
これまでに私の音楽にはなかったシャウト系ブルース。
当然、皆さん、ついて来れません。
私の心の声:「まだ君たちには早かったな。。。しょうがない、ここは笑いに変えるか。」
はははは。
みんな大笑い。
今夜は、この1曲で十分だな。
確かな手ごたえはありました。
これから、未完成な部分を完成させます。
お楽しみに。。。。

*6月2日 オー・マイ・社長!
最近、付き合い始めた食品関係に努めるB君がやってきた。
B君:「社長、ありえないことが起こると、“オー・マイ・ブッダ!”て言うでしょ。」
私:「そう。アメリカ人に受けるんだよ。」
B君:「僕は、オーマイ社長!と言いますよ。」
私:「ははは。 何だそれ?」
B君:「“これは四方山に書かないでください”と言われると“書いてほしい”と捉えるでしょ。」
私:「そうなんだろ。」
B君:「チャイまんがな!」
ははは。
私:「今日は、何の話?」
B君:「書かないでくださいよ。」
私:「いいから、いいから。」
B君:「・・・・。」
私:「もったいぶるなよ。」
B君:「最近、めちゃ忙しいんですよ。」
私:「ほう。ボンボンと同じだ。」
B君:「チャイまんがな。」
私:「それで?」
B君:「支店長に、“疲れて死にそうです!何とかしてください!”と訴えたんです。」
私:「それで?」
B君:「そうしたら、支店長は“死ぬまで頑張ってくれ!”だって。」
私:「ははは。平和な会社だ。」
B君:「あんまり頭来たから、退社願を出したんです。」
私:「ほう?それから?」
B君:「数日経ってから、支店長に聞いたら“シュレッダーしちゃった”って。」
私:「ははは。いかしてる会社だな。」
B君:「そんな馬鹿な!」
私:「みんな仲いいんだね。」
B君:「僕が務める会社、みんな変なんです。」
私:「何で?」
B君:「午後3時頃になると、隣席から“プシュ!プシュ!”という音が聞こえるのです。」
私:「???」
B君:「見ると、事務のおばさんが針で発泡スチロールをプシュ!プシュ!と刺しているんです。」
私:「何で?」
B君:「聞いたら、ストレス解消!と言ってました。」
私:「ほんまかいな?」
B君:「ほんとですって。」
私:「にわかに信じれん。」
B君:「本当です。」
私:「そうか? あっ、分かった。四方山に掲載してほしいからだろ。」
B君:「オーマイ社長~!!!」
こうして、にわか雨が降る名古屋はのんびり・・・。
つづく。